よろ速

オールジャンルのまとめブログ


カテゴリ: ドラマ・映画

【映画】ハリウッドがヒット映画を連発できる理由 日本との違いは「予算規模」だけじゃなかった
1:2016/05/04(水) 23:48:33.00 ID:
NTTドコモ <9437> の「dtv」、フジ・メディア・ホールディングス <4676> のフジテレビと提携しているHulu、米大手動画配信の「Netflix」。
映画やドラマをパソコンやスマートフォンで視聴できる動画配信サービスが花盛りだ。

その影響もあり、一部の海外作品が世界的なヒットを飛ばしていたり、20世紀に「名作」とされたドラマの続編が製作されるといった動きがある。
米国のファミリードラマ『フルハウス』の続編となる、『フラーハウス』の配信が決まっているのは、象徴的だともいえる。

一方で日本のドラマや映画はずいぶんと趣を異にしている。「クールジャパン」という標語の下で、日本のコンテンツを国際競争力のある産業に仕立て上げる政策も進んでおり、
もしうまくいけば、日本の映像産業も新しいステージに入るといえそうだ。

そこで日本とアメリカ、あるいは外国の映像産業を比べるとどのように異なるのか改めて調べた。日本のコンテンツ産業の将来を見通す上でも注目の、日米の映像産業の違いを今回は見てみよう。

■ハリウッドの巨大な予算とプロ意識

全世界で人気のあるハイクオリティな映像を作り出しているところといえば、アメリカのハリウッドだろう。「ターミネーター」に「アルマゲドン」、
「パイレーツ・オブ・カリビアン」に「スパイダーマン」。数え上げればきりがない。数多くの映画史に残る傑作を生み出し続けている。

ハリウッドが多くのヒット作を生み出せる理由の一つは「規模の巨大さ」だろう。強みになっているのは日本円にして50億円とも、100億円ともいわれる莫大な制作費。
最新鋭の特撮技術、とてつもなく大規模なセット、そして俳優やプロデューサーに支払う巨額のギャラ、全てにお金を出し惜しんでおらず、ド派手な演出も可能だ。

ちなみに、1997年に公開された「タイタニック」の制作費は約2億4700万ドル(296億円)。興行収入は全世界で約23億ドル(2760億円)と、収益力もすさまじい。

また、ハリウッドでは製作する作品の傾向も特徴的だ。世界を相手にしていることから、「万人に受け容れられる」ことを大切にしており、文化や宗教的なタブーには敏感だという。
そのため、極端に斬新だったり刺激的だったりするシーンは避けられる。絶対に失敗ができないので、チャレンジ作品が少ないとも言われ、シリーズの続編や有名監督の作品が多いのはその証拠といえる。

さらには、俳優らタレント自身のスタンスも重要だ。ハリウッドでは、タレントは自分で自分をプロデュースするのが一般的。日本の芸能事務所のようなエージェンシーも存在するが、
タレントは「所属」ではなく「契約」しているに過ぎない。ギャラは完全出来高制で、エージェンシーは制作会社と料金交渉などを行う代わりに、ギャラの15%程度をもらうかたちだ。

プロの野球選手やサッカー選手の「代理人」に近いかもしれない。結果、一流タレントは1本の映画で数十億円を超えるギャラをもらうこともあるという。

■「クリエイター」が働く環境も大きく異なる日本と米国

では、日本映画とハリウッド映画の違いは予算だけなのだろうか。だとすれば日本映画もどんどん資金を調達してよりスケールの大きな作品を作ればいいのかというと、どうやらそうではない。

例えば、制作スタッフの待遇だ。ハリウッドで映画制作に携わるためには、数多くのの審査を通過しなければならない。クリエイターたちは限られたその枠に入るため、さまざまな場でしのぎを削り合っている。

つまり、コンテンツ制作にいたるまでの過程で既に数多くのふるいにかけられている。
素人には到底手が出せない雲の上の世界だからこそ、高いクオリティーを維持でき、それが確固たるブランドを築くことにつながる好循環が生まれているのだ。

一方、日本の映像制作界は、参入のハードルが低いとされる。ゲームやアニメ、マンガやドラマなど、それぞれの産業が比較的独立して育ってきたことが影響しているようだ。
またハリウッドのような確固たるブランドを持っていないため、個人でも制作に参加しやすい。

さらに、それぞれのジャンルの幅が狭い代わりにコンテンツ数は非常に多くなるものの、コアなファンを掴めば事業は成立するという。その結果、10人中1人に受けるようなニッチでマニアックな作品が成り立つのも特徴だという。

一部には、「日本映画の『ガラパゴス化』が加速する」との指摘ともあるものの、今後の日本国内で、ハリウッドとは違う意味で、「クール」な映画やドラマを制作していくことを期待したい。(ZUU online 編集部)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160504-00000014-zuuonline-bus_all
2:2016/05/04(水) 23:49:51.61 ID:
漫画家に才能が流れちゃってるとか
【ハリウッド映画と日本映画の違い→日本は話だけ作るなら世界基準だと思うけどね】の続きを読む

【テレビ】我が青春の「教師ドラマ」ランキング
1:2016/05/03(火) 00:50:02.78 ID:
3月25日に公開された映画「暗殺教室~卒業編~」が話題を呼んでいる。

大ヒットの要因は、タコのような触手を持つ謎の生物「殺せんせー」と生徒たちとの特異ながらも熱い絆。

青春時代を振り返れば、現実の学校以上に大事なものを“あの先生”たちから教わってきた。
目をつぶれば浮かんでくる「心の師」たちを一挙プレイバック。歴代の教師ドラマ&学園ドラマの中から、
「好きな教師ベスト20」を全国の30代~60代の男性1000人へのアンケートで決定した!

栄えある第1位に選ばれたのは、やはり万人が納得の「3年B組金八先生」(TBS系)の坂本金八(武田鉄矢)。
アンケートでは、「子供ながらに、こういう先生のもとで勉強したいなあと思っていた」(神奈川・44歳)、
「あの生徒個人を尊重して語りかけるような口調が好き」(山口・52歳)と、生徒にとっての理想の先生像を見いだす意見が多く見られた。
人生の大事なことはすべて金八っつぁんが教えてくれたといっても過言でないのかも‥‥。

「地味なようでいて、内容はかなり過激です。性教育やドラッグ問題など時代に即した重いテーマを扱って、社会に問題提起する特徴があります。
これは金八以前のドラマにはなかったことです」(ドラマ関係者)

2位で猛追したのは、「ごくせん」(日本テレビ系)のヤンクミこと山口久美子(仲間由紀恵)だ。

「『切り捨てていい人間なんていねえ』と落ちこぼれたちを守る姿に感動」(山形・39)、
「最終回の『お前たちの卒業には私の首をかける価値がある! 胸を張れ!』のセリフに泣いた」(奈良・42)、
「曲がったことが嫌いで、生徒思い、ケンカも強くておまけに美人。これ以上何がいる?」(埼玉・40歳)と、30代、40代前半の票をごっそり獲得。
しかし、50代以上にささらなかったのは、仲間に色っぽさが足りなかったから?

3位「スクール☆ウォーズ」(TBS系)の滝沢賢治(山下真司)には、「熱い情熱で不良を更生させるという点で元祖だと思います」(三重・58歳)、

4位「熱中時代」(日本テレビ系)の北野広大(水谷豊)には、「この教師像は当時小学生だった自分に多大なる影響を与えた」(福井・53)、
「なまりのあるしゃべり方が癖になった」(東京・54)という声が寄せられ、オールドファンの心に深く刻まれているようだ。

「熱血教師ものブームは何年かのサイクルで振り子が行って戻るようにやってくる。
『俺はこれからお前を殴る!』でおなじみの滝沢は山下のハマり役。『熱中時代』も『金八先生』と並んで、テレビ史的に重要な作品です。
小学校の教師に初めてスポットライトを当てたことで、青春色が強かったこれまでの中高生ものから教師ドラマの枠を広げました」(テレビ誌ライター)

「スクール☆ウォーズ」や「熱中時代」が種を巻き、「金八」が花を咲かせ、そこへ今日の教師ドラマが実をつけるという図式が完成したというわけだ。

http://www.asagei.com/excerpt/56053
http://www.asagei.com/excerpt/56055
Posted on 2016年5月2日 5:58 PM

http://www.asagei.com/wp-content/uploads/2016/04/20160502kyoshib-250x250.jpg
2:2016/05/03(火) 00:50:57.53 ID:
はいすくーる落書き
【「教師ドラマ」ランキング→はいすくーる落書き、ドラゴン桜、さよなら小津先生、高校教師】の続きを読む

【映画】映画『テラフォーマーズ』が酷評の嵐?人気漫画の実写化が難しいワケ (dailynewsonline)
1:2016/04/26(火) 14:15:00.14 ID:
2016.04.26 12:06

映画『テラフォーマーズ』公式サイトより

 映画評論家の前田有一氏が4月24日、自身の映画評価サイト「超映画批評」上で、29日公開予定の実写映画『テラフォーマーズ』を100点中5点と採点した記事を発表。
「長年私が指摘してきた邦画の問題点が凝縮されたような映画」などと酷評した。昨年大炎上した映画「進撃の巨人」シリーズの後編ですら30点をつけていただけに、本作の大爆死を予感させている。

■「進撃」の炎上騒ぎ再び?強烈な酷評

 前田氏はかつて、昨年夏に公開された実写映画「進撃の巨人」シリーズの前編を40点、後編を30点と評価して物議をかもした。
とくに前編の評価を発表した際には監督の樋口真嗣氏(50)がSNS上で「やったぜ! 大先生に誉められたらどうしようかと思ったがこれなら安心だ。というか誰だよこいつに試写状送ったバカは!」と激怒。同シリーズ炎上の幕開けとなった。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:デイリーニュースオンライン http://dailynewsonline.jp/article/1121325/


※関連板 http://yomogi.2ch.net/movie/ 映画一般・8mm
※関連板 http://yomogi.2ch.net/cinema/ 映画作品・人
※関連板 http://karma.2ch.net/endroll/ 映画人
※関連板 http://tamae.2ch.net/animovie/ アニメ映画
3:2016/04/26(火) 14:16:48.92 ID:
何にでも文句言いたいだけじゃない
実写ならそら変わるもんだろ
【映画『テラフォーマーズ』を映画評論家が100点中5点と採点→でも駄作駄作言われると気になっちゃう】の続きを読む

【映画】<邦画と洋画>魅力の違いとは……!「邦画に魅力を感じない…アリかナシか」
1:2016/04/25(月) 18:30:33.16 ID:
「キネマ旬報」(キネマ旬報社刊)によれば、2015年に日本で公開された映画は、邦画581本、洋画555本の計1136本。興行収入は邦画1203億6700万円、洋画967億5200万円、計2171億1900万円。決して好調とは言えないエンターテインメント業界にあって、前年比4.9%増と健闘した。

しかし、気になる点もある。邦画の興行収入ランキングだ。まず1位は『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』78億円。次いで『バケモノの子』58億5000万円、『HERO』46億7000万円と続く。以下は『名探偵コナン 業火の向日葵』『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記』『ドラゴンボールZ 復活の「F」』『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』『映画「ビリギャル」』『ラブライブ! The School Idol Movie』『映画「暗殺教室」』…。

アニメ作品や人気漫画の実写化、ドラマの映画版などに大きく偏っているのがわかる。アニメーションやコミックは確かに日本を象徴する文化だが、好みが分かれるコンテンツでもあるはずだ。

そんななか、NewsCafeのアリナシコーナーにはユーザーから「邦画に魅力を感じない…アリかナシか」というテーマが寄せられたらしい。調査結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…41.9%】
■やっぱりハリウッド映画のが面白いものが多いかな。
■アニメの実写化が多すぎる。
■金を出して観る気にならない。誰かが死ぬ作品ばかり。
■だいたい主演だ助演だと賞を獲っても茶番、出来レースだから。
■何を観せ!? 感じさせたいのか!? 理解に苦しむ作品が多すぎる。
■2時間ドラマでいいんじゃないの? と思ってしまう。
■映画で見たい役者がいない。テレビタレントばかり。
■日本の映画は場面というか、シーンに動きが無さすぎる。
■邦楽もつまらないのが多い(怒)!
■お金出して観るのは洋画だけ。

【ナシ…58.1%】
■良い作品もありますよ。
■個人的な意見でしょう。
■最近洋画がめちゃくちゃつまらん…。
■10本あれば1本は光る。
■いろいろな意味合いの面白い作品も多いのに。観てないでしょ(笑)?
■ハチ公は毎回泣いてしまう。寅さん釣りバカ必殺も好き。
■素晴らしい物は素晴らしい、ただそれだけ見抜けないのが残念。
■洋画にも魅力を感じない。
■邦画、洋画、共に大好き!
■映画のテーマ・内容による。洋楽・邦画というくくりはしない。

結果は【ナシ派】過半数。コメントにあるように過去の邦画名作を挙げる声が多く「最近の作品だけで判断するのは軽率」との意見も見られた。ただ「洋画・邦画ともに好き」「両方観ない」「洋・邦で括らない」という人も【ナシ派】に票を投じていることを考えると、数字をそのまま受け取ることは難しい。

一方の【アリ派】では「やはり予算が。 ウン10億貰えれば死人でも生き返るさ」「アクション物が特にチープ」など、邦画の弱点を指摘する意見が多い。

印象的だったのは「洋画と邦画はウエディングケーキと羊羹の違い。それぞれの良さがある」というコメント。同じ土俵で競っているように見えて、決して置き換えはきかない両者だ。

http://news.infoseek.co.jp/article/newscafe_1838837/

【映画】<全国映画動員ランキング>『名探偵コナン』『ズートピア』『クレヨンしんちゃん』がTOP3……
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1461572865/
3:2016/04/25(月) 18:32:08.05 ID:
洋画の文句を言う前に近年の邦画の傑作をあげろよw
【邦画はアリかナシか→テレビドラマの映画化、漫画小説原作ばっか】の続きを読む

【ドラマ】星野源「真田丸」に徳川秀忠役で出演 初大河に「今から楽しみ」
1:2016/03/27(日) 05:52:22.89 ID:
2016年3月27日 05:30

シンガー・ソングライターで俳優の星野源(35)が、NHK大河ドラマ「真田丸」
(日曜後8・00)に徳川幕府2代将軍・徳川秀忠役で出演することがわかった。

大河ドラマ出演が初めてとなる星野は「数々の先輩方が演じてこられた徳川秀忠を演じられるということ。
三谷さんから直々にご指名を頂けたこと。本当に飛び上がるほど嬉しく、今から楽しみで仕方ありません」と喜んだ。

星野の起用理由について制作統括の屋敷陽太郎チーフ・プロデューサーは
「偉大な父をもった2代目の苦悩は、このドラマのテーマの一つです。
中でも徳川家康の息子に生まれた秀忠のプレッシャーは、想像を超えるものだったに違いありません。
しかし、私たちは、秀忠を単なる無能な若殿とは考えません。
秀忠の悲哀、そして家康とは異なる“怖さ”も醸し出せる人間的な深みを持っているのは、
星野源さんをおいて他にいないと考えました」と説明した。

俳優の堺雅人(42)が主演を務める真田丸は大河ドラマ55作目。
戦国時代最後の名将・真田幸村=本名・真田信繁(のぶしげ)の生涯を描く。
徳川秀忠は真田家の策略によって関ケ原の戦いに遅参する大失態を演じる。
信繁と激突する「大坂の陣」で雪辱を期す。


・「真田丸」へ出演することがわかった星野源
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/27/jpeg/G20160327012292170_view.jpg
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/27/kiji/K20160327012292180.html
4:2016/03/27(日) 05:54:27.48 ID:
LIFEでパロディやりそう
【星野源「真田丸」に徳川秀忠役で出演→LIFEでパロディやりそう】の続きを読む

このページのトップヘ