よろ速

オールジャンルのまとめブログ


2015年12月

【芸能】綾瀬はるか“天然”発揮 マイク忘れ&「イグザイル」「小林さつこ」
 
1:2015/12/31(木) 06:41:40.12 ID:
◇第66回NHK紅白歌合戦前日リハーサル(2015年12月30日 東京・NHKホール)

紅組司会の綾瀬はるか(30)は、ディズニーの人気キャラクターや白組司会の井ノ原らと歌って踊るスペシャルコーナー「ザッツ・SHOWTIME~星に願いを~」で、
マイクを忘れたままステージに登場。
井ノ原が自身のマイクを差し出しフォローしたが、スタッフが指摘して中断し、マイクを持って再登場した。

また、EXILEを「イグザイル」と紹介し、井ノ原が「エグザイルですね」と訂正すると、照れ笑い。
小林幸子の紹介でも「小林さつこさん」とかんで「へへっ」と笑いながら言い直し、天然ぶりをさく裂させた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151231-00000002-spnannex-ent
スポニチアネックス 12月31日(木)5時53分配信

http://www.hochi.co.jp/photo/20151230/20151230-OHT1I50066-T.jpg
【綾瀬はるか“天然”発揮 マイク忘れ&「イグザイル」「小林さつこ」→仮面舞踏会を仮面ライダーって言った人もいる】の続きを読む

【格闘技】桜庭に完勝の青木、ストップのタイミングに苦言「人をつぶして盛り上げるのか」
 
1:2015/12/30(水) 08:12:33.16 ID:
「格闘技・RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 SARABAの宴」(29日、さいたまスーパーアリーナ)

“生ける伝説”桜庭和志と“日本最高の寝業師”青木真也の日本の新旧エース対決は、
青木が1回TKOで完勝。試合後は桜庭に現役続行を求めるとともに、試合のストップのタイミングに苦言を呈した。

青木は開始早々に寝技に持ち込むと、長い足を桜庭の胴に絡みつけて5分以上にわたってパンチを打ち続ける猛攻で圧倒。
最後は桜庭を出血に追い込み、マットが血に染まる中で、桜庭のセコンドからタオルが投入された。

「現実を見せつける」と話し、桜庭を病院送りにするほど一方的に打ちのめした青木。
試合後はリング上で涙を流し、「まだ桜庭さんの代わりにはなれません。
桜庭さんの試合が見たいです」と、桜庭の現役続行を訴え、
「来年、このリングで青木-五味をお願いします」と、元PRIDEライト級王者で、世界最高峰の総合格闘技団体UFCで活躍する五味隆典戦を要求した。

そして、インタビュールームでは猛攻を振り返り、「まだ桜庭さんは楽しんでいる。
もう止めていいだろ、レフェリー止めろよって、ずっと思ってたんですけど、(桜庭は)まだまだって言うし、気持ちは生きてるんで」と、桜庭の精神力に感心。
一方で「日本(格闘技)復活とか言ってるけど、また人をつぶして盛り上げるのかって。
そういう気持ちですね。これが仕事だけど、気持ちのいい仕事じゃないね」と、試合を止める判断への不満をぶちまけた。

これに対し、RIZINの榊原信行実行委員長は「ストップはレフェリーやジャッジに任せるべきだと思う。
過去にもそういうところでレフェリー、ジャッジが陣が惑わされことがありますし、
客観的な目で見たレフェリー、ジャッジ陣の判断で正しかったと思っている」と、判断に問題はなかったとの考えを示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151229-00000112-dal-fight
デイリースポーツ 12月29日(火)23時5分配信

http://amd.c.yimg.jp/im_siggbXNrr.yJRWURsGsI.kgTNw---x711-y900-q90/amd/20151229-00000112-dal-000-3-view.jpg
健闘を称え合う桜庭(左)と青木=さいたまスーパーアリーナ


桜庭和志vs青木真也
【“生ける伝説”桜庭和志と“日本最高の寝業師”青木真也の日本の新旧エース対決は青木が1回TKOで完勝、五味隆典戦を要求】の続きを読む

【芸能】業界で根強い「紳助ロス」 次の「泣けるMC枠」の本命は?
 
1:2015/12/29(火) 16:17:22.97 ID:
2011年、暴力団関係者との交際を理由に芸能界を引退した島田紳助さん。
引退から4年が経過しているにも関わらず、定期的に芸能界復帰の噂が聞こえてくるなど、今なお芸能界における影響力は健在のようだ。
あるバラエティ番組の制作スタッフは、「いまだにテレビ業界では、紳助さんの復帰を望む声は根強い」と語る。

「MC能力やトークスキルは言わずもがなですが、紳助さんのすごいところは芸人にもかかわらず“泣ける”ことでした。
今、くりぃむしちゅーの上田(晋也)さんやロンドンブーツ1号2号の(田村)淳さん、フットボールアワーの後藤(輝基)さんなど、
素晴らしいMCをする芸人さんは少なくないのですが、“泣き芸”を持っている人はほとんどいないのです。

なぜ引退前の紳助さんが多くの冠番組を抱える超人気司会者だったかと言えば、喜怒哀楽すべてを表現できたタレントだったからではないでしょうか。
引退して4年経ちますが、今でも業界内では『紳助さんがいかにすごかったか』という話題で度々盛り上がるほどです」(制作スタッフ)

昨年、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終了したことで、多くの視聴者が“タモロス”状態に陥ったことは記憶に新しい。
ところが、現場サイドは「“紳助ロス”のほうがよっぽど深刻」なのだという。 

「番組のMCを誰にするかという話になると、どうしても先に挙げたような人たちの名前が挙がりがちです。
同じ芸人司会者の担当番組が多くなればなるほど、当然、番組の質も似てきてしまうので、視聴者に飽きられやすくなる。

番組サイドとしては、できるだけ新鮮味のある司会者を起用したいのですが、だからといって下手な博打は打てない。
番組によって笑いと泣きをコントロールできる紳助さんがいたら……なんて嘆いているテレビマンは多いですよ」(同前)

逆に考えると、“泣ける芸人MC枠”が空いていると捉えることもできる。
業界内では、ある芸人が“ネクスト紳助”の座を射止めるのではないかと噂されている。

「現時点では、笑いだけでなく涙も見せることができる雨上がり決死隊の宮迫博之さんが本命と言われています。
涙もろく、ガンを体験されたことで病気や命に対しても一家言を持っているので、説得力があります。
宮迫さんは、“紳助ロス”を解消するキーマンとして、他の芸人さんたちを一歩リードしていると言えるのではないでしょうか」(前出・制作スタッフ)

はたして、空位となっている“泣ける芸人MC枠”の座を射止めるのは誰になるのか?

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151229-00000015-pseven-ent
NEWS ポストセブン 12月29日(火)16時0分配信
【「紳助ロス」 次の「泣けるMC枠」の本命は?→有吉がいるだろ/もう東野でいいよ/結局今田に落ち着いた】の続きを読む

【ドラマ】桑田佳祐が選ぶ2015年邦楽シングルBEST20、桐谷健太『海の声』に「泣いた」
 
1:2015/12/27(日) 16:26:29.42 ID:
桑田佳祐がパーソナリティを務めるラジオ番組で、年末恒例となったその年の邦楽シングル・BEST20を選んだ。
桑田はランキングについて「人様の曲に順位をつけたり評論するようになったらおしまい」「深い意味は無い」と説明している。
ただ、配信を含む邦楽シングルからおよそ300曲をフルコーラスで2回程度聴くという、かなりの熱量を要して選んだ楽曲だけに彼のセンスが光る内容となった。

山下達郎が12月25日に岩手県盛岡市で行っていたコンサートを、喉の不調から途中で中止した件に触れ「今日はすっかり元気で声でまくりの青森公演!」と安心した桑田佳祐。
そんな報告から始まった12月26日の『桑田佳祐のやさしい夜遊び』(TOKYO FM)は、“桑田佳祐が選ぶ、2015年邦楽シングル・ベスト20プラスα”をテーマに届けられた。
「まずはBEST10から」と発表されたのは10位から1位で、他は「10位に収まりきれなかった“圏外”」と「スポットライト」として紹介される。

■桑田佳祐が選ぶ2015年邦楽シングル・BEST10

・10位 『東京ドライブ』(TOKIO)
・9位 『鳥になりたい』(臼澤みさき)
・8位 『新宝島』(サカナクション)
・7位 『もんだいガール』(きゃりーぱみゅぱみゅ)
・6位 『愛を叫べ』(嵐)
・5位 『トリセツ』(西野カナ)
・4位 『海の声』(桐谷健太)
・3位 『君がいなくちゃ』(佐野元春)
・2位 『PLAYBACK』(JUJU)
・2位 『褒めろよ』(GLIM SPANKY)
・1位 『超えろ。』(槇原敬之)

2位については「どっちがと言えない2人」で、迷った末に同順位で落ち着いた。11曲それぞれに桑田佳祐らしいコメントを添えており、特徴的なものをピックアップすると次のように評している。

TOKIO:「長瀬くんの歌が上手い、演奏力も高い。作詞・作曲・編曲をするとはすごい」
きゃりーぱみゅぱみゅ:「全ての音源が歪んでいます、でもいかしています。この子は歌を歌うリズムがすごくいい」
嵐:「曲もビーチボーイズみたいで素晴らしいが、いい曲を歌いこなすメンバーがすごい」

なかでも4位に選んだ桐谷健太が歌う『海の声』に対しては「しびれた! 日本のジャック・ジョンソン。300曲聴いて、これはイイ曲だね、ちょっと泣いたね。日本の歌謡曲は進化していると思いました」と絶賛していた。

3位の佐野元春は同年代ということもあり「この男はスゴイ! ボブ・ディランを超えた、森繁久彌のようになるのでは」と桑田節全開。
2位の『PLAYBACK』は「ファンやスタッフ、誰かに支えられているのをJUJUはよく分かっている。それが表れている」、
同じく2位に選んだ『褒めろよ』は「なんだこれは、名曲であります! 日本の明るい未来を奏でるGLIM SPANKY! 松尾レミのボーカルがすごい!」と高く評価する。

1位の『超えろ。』(槇原敬之)には「彼は本当に天才! ベテランでね、良く作ってくれました。“これを作れるか?”というのがよくわかる」と感心していた。

さらに桑田が「10位に収めきれないものを“圏外”にしました、申し訳ない」と、順位をつけずに挙げたシングル曲は次のとおり。

『攻めていこーぜ!』(斉藤和義)、『ラブとピース!』(いきものがかり)、『Ki・mi・ni・mu・chu』(EXILE)、『赤裸ライアー』(Gacharic Spin)、『MUSIC MAGIC』(ファンキー加藤)、『黒い雫』(Superfly)、『指輪』(クレイジーケンバンド)、
『長く短い祭』(椎名林檎)、『I Don't Like Mondays.』(Super Special)、『DESTINY』(ねごと)、『Kokoro』(androp)、『STAR TRAIN』(Perfume)、
『オトナチック』(ゲスの極み乙女。)、『Tweedia』(安田レイ)、『SUN』(星野源)、『あなたに恋をしてみました』(chay)、
『Flowerwall』(米津玄師)、『tonight』(YUKI)、『汗は甘い口づけ』(ブルー・ペパーズ)。

桑田は発表しながら「圏外じゃないよ! 今年はレベル高い!」と繰り返す。BEST10までは何とかランキングをつけたが、それから後はついに絞り込めず“圏外”として紹介したのだろう。

そんななか、「順位というよりおもしろい!」と“スポットライト”で紹介されたのが『ディアブロ』(水曜日のカンパネラ)だった。桑田が「素晴らしいっ、知的、エライ、ちょっとやきもちを妬く」というから、よほど心に響いたらしい。

CD売上ランキングなどでよく見かけたり、メディアで耳にする楽曲とは違った作品を知ることができ、J-POP界にはまだまだ魅力的なアーティストがいることを再認識させられる。選ぶのは本当に大変だろうが、桑田佳祐にはこれからも続けて欲しい企画だ。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20151227-03877492-techin
【東京ドライブ(TOKIO),海の声(桐谷健太),超えろ。(槇原敬之)…桑田佳祐が選ぶ2015年邦楽シングルBEST20】の続きを読む

【テレビ】ゴチ新メンバー 予想は百花繚乱
 
1:2015/12/27(日) 09:18:37.52 ID:
人気番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の名物企画「グルメチキンレース・ゴチになります!」(以下、ゴチ)が12月24日に放送され、
江角マキコが番組を“クビ”になることが決定。ネットでは次のレギュラー予想が盛り上がっている。

料金が伏せられた料理を食べ、設定された金額から一番遠かった人間が全員の料金を払う「ゴチ」。
初放送からすでに15年以上の歴史を持つこの人気企画は、「年間を通じて最も支払額が多かった出演者がレギュラーをクビになる」というルールがあり、
過去には岡村隆史や矢部浩之もクビになったことがある(翌年に復帰)。

同日の放送は2015年分の精算を行う最終決戦。丸の内の高級フランス料理店で行われた勝負は、
矢部、岡村、江角、国分太一、柳葉敏郎のレギュラー陣と、ゲストの吉田沙保里、田中裕二(爆笑問題)の7人で争われたが、僅差で江角マキコが最下位となり、番組を去ることになった。

江角マキコは2009年からレギュラーになり、今年で7年目。
その最中には、いわゆる「落書き騒動」などもあり、バッシングに遭った時期もあったが、クビが決まると、

「ゴチのクビは江角マキコか…個人的に寂しいな…」
「うわー。江角さんもう定着してたからゴチにいないと思うと寂しい~!上品な食べ方好だったな~」
「江角さんのいないゴチとか」
「江角さんがクビ…毎年誰かがお別れだから仕方ないんだけど毎年変わらず寂しい気持ちになるなぁ…」

など、ツイッターには一斉に惜別の声が登場しており、江角はゴチに欠かせないメンバーとして認識されていたようだ。

そして一方では、次期メンバー予想が盛り上がっている。しかし、番組内で明かされたヒントは「女優」ということと、
新メンバーを見た出川哲朗の「カワイイ~」というリアクションしかないため、

「ゴチ新メンバーは松岡茉優らしいよ」
「前田敦子か大島優子と見た」
「桐谷美玲な気がするぞ!!」
「堀北ちゃんなのでは?って気がしてる」
「有村架純の予感がする」
「吉高由里子やと予想するで」
「能年玲奈ちゃんだったら、来年日テレ毎日見るわ」
「新垣結衣とかがイイなー」

など、各々が自分の願望を言う状態に。
関心が集まる新メンバーは、1月2日の新年第1回目の放送で明らかにされる予定だ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151227-00000009-rnijugo-ent
R25 12月27日(日)7時0分配信
【ゴチ新メンバー 予想は百花繚乱、新メンバーを見た出川哲朗の「カワイイ~」というリアクション→有村架純の予感がする/能年玲奈ちゃんだったら、来年日テレ毎日見るわ】の続きを読む

このページのトップヘ